Webサイト制作、DTPデザイン、イラストなどの企画・制作はテックスデザインオフィス

  • いいね!
  • ツイートする
株式会社テックス デザインオフィス
042-548-0622
HOME  >  プライバシーポリシー
  • Webサイト制作
  • IT関連デザイン
  • DTPデザイン
  • イラスト・ロゴ制作
  • 写真加工・販売
  • デザインオフィスとは?
  • 制作実績
  • プラン・ご参考料金
ご検討にあたってのご相談を、弊社担当者がEメールまたはお電話にて承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。
042-548-0622
お問い合わせフォーム
株式会社テックス デザインオフィス
本社 〒190-0012 東京都立川市曙町2-35-2
ファーレ立川A-ONEビル4F
TEL / 042-548-0622
FAX / 042-548-0623
E-mail / design@techs.co.jp
公式HP / http://www.techs.co.jp/
営業時間 / 10:00-18:00
土日祝祭日定休
東北支店 〒980-0802 宮城県仙台市青葉区
二日町6-26 VIP仙台二日町201
TEL / 022-796-8805
FAX / 022-796-8804

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

個人情報の保護
株式会社テックス(以下当社とする)では、サービスに関連して知り得た個人情報を個人情報保護法に基づき、個人情報保護の方針のもとで、個人情報の保護に努めます。情報の取り扱いを重要視して、安全に管理することで、安心してご利用いただけるよう下記の通りお取り扱い致します。
個人情報保護方針
当社の映像事業・システム開発事業・情報機器事業の3部門にわたり、様々な技術提供、開発業務、サービス業務の中で取り扱う個人情報に対して、法令を遵守し、適切な管理方法で安全な保管を行い、企業的責任を果たすよう努めます。その他会社として保持する個人情報(お客様、及び従業員)についても利用制限と安全な管理を行うことします。保持する情報への不正アクセスや情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等を防止し、慎重に取り扱うこととします。情報のセキュリティ対策に関し、改善が必要な場合や事故事例がある場合は、継続的にセキュリティ向上を行います。
このサイトを利用する方の個人情報のお取扱い
1. 個人情報の保有
このサイトのサービスをご利用するお客様のご確認(氏名、住所、電話番号)、サービスの利用内容(サービスの種類、数量、金額)、料金のご請求に関する情報、納品先、連絡先などの注文から出荷までに必要な情報を保有します。
2. 個人情報の利用目的
  1. このサイトのサービスを利用されるお客様の注文受付から納品までに必要な情報を利用します。
  2. 電子メールや郵送などの媒体で、当社のサービスのご案内や休業などの通知を送付します。
  3. 当社の営業の情報収集や新しいサービスの検討やサービス改善の調査に利用します。
※ このサイトのクッキー(Cookies)に含まれる情報を使用傾向の調査などで収集して使用することがありますが、より良いサービス改善の目的に使用します。特定した個人情報を利用するものではありませんが、インターネットの(ブラウザ)の設定を利用して、クッキー(Cookies)を拒否することが可能です。
3. 個人情報の収集
当社は、情報収集に関して利用目的を明確にして公正な方法にて収集致します。収集後は、社内セキュリティマニュアルに基づき、慎重に取り扱い対応いたします。
4. 個人情報の利用と保管
情報を利用する場合は、利用目的の範囲で利用いたします。文書、コピー媒体は、社内管理方法にて安全に保管し、データ上での保管は、アクセス制御などを設定した保管方法をとります。
5. 個人情報の委託と提供
お客様の同意を得た上で、利用目的の範囲内で第三者に個人情報を提供または委託します。
個人情報の開示、訂正、削除
  1. ご利用されるお客様(ご本人様)からの個人情報の開示、訂正、削除のご依頼を対応いたします。
  2. 情報の削除は文書の場合シュレッダーなど(物理的破壊)の方法で廃棄し、データの場合は管理者立会いのデリート作業を行い削除します。
個人情報の安全管理
個人情報への不正アクセスや情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等を防止し、慎重に取り扱うこととします。情報のセキュリティ対策に関し改善が必要な場合や事故事例がある場合は、継続的にセキュリティ向上を行います。
個人情報保護法の遵守
当社の個人情報保護方針に基づき、個人情報の保護についてコンプライアンス・プログラムを設定し、法令を遵守します。
コンプライアンス・プログラムについて
当社は、コンプライアンス・プログラムを実施し、責任者、管理者を設定して、基本的な対応要素となる部分は、文書化します。このプログラムは、責任者、代表者や監査による調査確認を行い、定期的かつ継続的に改善を行います。
以上
このページの先頭へ
Copyright © TECH.S Corporation All Rights Reserved.